机の高さ調整をした話

日常

今回は机の高さ調整をした話を記事にまとめました。

今までは本を積んでその上に机を置くという何とも ものぐさスタイルで高さ調整をしていました。
写真撮って改めて見るとひどいですね(笑)

本

最近になって

“人を招いた時にこれはやばくない・・・?”(招かなくてもやばい)

と思い始め、ネットで机の高さ調整用の小物を見るもちょうどよい高さのモノがない…。

となると、

つれひぐ
つれひぐ

ないなら作ればいいじゃない!

 

 

いざグッ〇イへ

グッ〇イならできると信じて、木材コーナーを物色していると良い出会いが。

プラ木レン。

あった。ちょうどいい小物あった。

なんと高さ調節可能なうえに、1個280円と安い。そして幅も完璧でした。とりあえず4個買って早速設置。
生贄となっっていた12冊の本達を解放しました。ごめんな…。

amazonや楽天などでも売っていますがちょっと高め。送料かかるし。近くにホムセンあるならそっち行った方がよさそうです。

下記、リンク。

Amazon | フクビ プラ木レン 2A型 46~63mm | アクリル・プラスチック
フクビ プラ木レン 2A型 46~63mmがアクリル・プラスチックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フクビ化学 プラ木レン 2A型  PM2A
価格:253円(税込、送料別) (2020/10/4時点)

楽天で購入

 

設置してみた

プラ木レン

見栄えはだいぶすっきりしました。このままでは危なそうなので
・床との接触面に滑り止めを付ける
・机の脚が落下しないように枠を作ってあげる(適当なサイズの木を木工ボンドで貼り付けるだけでいいと思われ)
ぐらいはやっておきたいですが、体力尽きたためとりあえずは終了です。また後日。

最後に

今回は机のかさ上げに使いましたが、色々使い道がありそうです。可能性を感じる…。

実際に用いる際には、安全上の工夫を施したり、耐荷重調べたり等、自己責任で行ってください。

 

コメント